食事も治療の一環です

和食

栄養バランスがよいこと

人が食事やお酒などを口にしたときに美味だったことを、五臓六腑に染み渡ると言いあらわすことがあります。美味だった食べ物が、内臓全体に染み込んでいく様子を表現した言葉です。この五臓の一つである腎臓が、どのような働きをする内臓であるのかをご存知でしょうか。泌尿器系の重要な器官の一つでもある腎臓は、簡単にいうと老廃物の排出を担当する内臓になります。具体的には体内の余分な水分や塩分を濾過して、尿の作成をおこなって体液を恒常的にコントロールしてくれているのです。したがって腎臓の機能が正常に働いてくれないと、体内には余分な塩分や水分が溜まってきます。腎臓病食が塩分の量を常に管理しなければならないのは、余分な塩分を取り込むとそれだけ腎臓の負担が増えてしまうからなのです。病院でも腎臓病食の作り方は指導してくれますが、健康な人との食事内容とは別物になってしまうのは致し方ありません。そして毎日腎臓病食と普通の食事を、作り続けるのも家計にも作り手にも負担がかかってしまいます。そこで提案したいのが、腎臓病食を宅配してくれるサービスを利用することです。家庭で作る腎臓病食は、家人の愛情をこめることはできてもバリエーションに富んでるとはいえないのが実情ではないでしょうか。その点宅配してくれる業者を利用すれば、専門家が豊富な知識を駆使して色々なメニュー展開が期待できます。さらに宅配のよいところは、悪天候であっても外出せずに栄養バランスの整った食事ができるところです。腎臓病食を作り続けるのが難しい場合、宅配サービスを利用するというのも選択しの一つとして考えてみましょう。

Copyright© 2017 腎臓病食は宅配が便利|一人暮らしでも安心 All Rights Reserved.